専業主婦がお金借りるにはどうしますか

生活するということは何かとお金が必要になるものです。普段からお金のことに気を配り、一生懸命生活をしていても、急に手持ちのお金が心許なくてお金借りる専業主婦とういう状況が発生することも時にはあるものです。急な出費に備えてある程度の蓄えがあっても、それに手を付けるのがためらわれたり、いくらかを借りてすぐに返済した方が得になる場合もあります。お金借りる主婦にとって一番のネックが、自身の収入が全くないか、あっても収入が少ない状況にあります。

貸す側の立場に立てば、返してもらえるあてのないお金をやすやすと貸すわけにはいかないので、その点で無収入の人へのハードルは自然と高くなってしまいます。収入がないというのは、社会的な面で見ると非常に立場が弱い存在なので仕方が無い面もあります。では自信に収入のない専業主婦がお金を借りるのは全くあり得ないかというと、そんなことはありません。多くの会社でカードローンを提供していますが、中には専業主婦でも大丈夫だったり、収入証明書が必要なくても申し込むことができるローンもあります。その分、限度額が低めに抑えられていることが多いのですが、それは当然のことです。それよりも少額でも借りることが出来るのが大事です。




カードローンと専業主婦の豆知識

専業主婦が利用出来るのは主に主要銀行カードローン

専業主婦の人がカードローンを利用出来るのは銀行カードローンなので即日融資をしてもらうには少し難しいかもしれませんが、低金利でいろいろなサービスを導入して安心銀行借入が出来るような環境が整えられています。そのためお金を借りたいけど少し不安だという人も利用しやすいように工夫されています。

専業主婦の人が利用出来るのは主に主要銀行カードローンで三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックや楽天銀行スーパーローンなどが挙げられます。分からない事が多くて店舗で直接申し込みたいという人は三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック、店舗に出向きたくないし申し込みに手間をかけたくないという人はインターネットで申し込み手続きをする楽天銀行スーパーローンが向いています。

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックと楽天銀行スーパーローンはどちらとも低金利なので無理なくお金を借りる事が出来ます。そのため返済もスムーズに出来るので専業主婦の人にとっても利用しやすいと言えるでしょう。




専業主婦がカードローンを利用する時のメリットとデメリット

専業主婦が利用できるカードローンといえばは銀行のカードローンですね。新規の申込みの審査時間も最短30分、遅くても即日に審査回答も可能な銀行があったりと急にお金が必要になったときにはありがたいのではないでしょうか。とても便利ですね。

また、取引記録が郵送されてしまうと家族にバレてしまって困るという方は、会員ページから取引記録がダウンロードできる銀行もあるので安心です。旦那さんにカードローンを利用したことがバレたくないというかたはこのようなサービスを利用すると安心です。

いいことばかりの銀行カードローンですが、デメリットもあります。消費者金融は返済に厳しく、銀行は返済に優しいというイメージを持っているかたもいるのではないでしょうか。しかし銀行もカードローンを返済できなくなれば消費者金融と同じです。銀行でも催促や取り立てがあります。銀行が返済を待ってくれるということはないのです。借りたら返すのが当たり前ですが、返済期限にはくれぐれも気をつけましょう。




専業主婦のカードローンのポイントは

専業主婦でもいきなりお金が必要になってくることがあるでしょう。そうしたときにカードローンを利用することができるのであればそれにこしたことはないです。非常に助かることである、ということは確かでしょう。ちなみに未婚であるのか、既婚であるのか、ということよりもそもそも主婦、という属性自体がそこまで高い信用力があるわけではないです。配偶者貸付などであればそれは別になりますが、あくまで個人単位で見れば大した信用力ではありませんから、そこまで高い金額を借りることはできないと思っていたほうがよいでしょう。それでも年単位で返していく人も多いです。つまりは、返す能力がそこまで高くないのは確かである、ということです。専業主婦のカードローンのポイントとしてはまずは銀行系であること、というのがあります。これならば単独で貸してくれる可能性があるからです。そうした意味では、やはり銀行系にするのが基本といえるでしょう。




大手銀行カードローンは兵庫県の郊外に住む専業主婦でもネット取引のみで契約できます!

日中外に出て稼ぐのが難しい専業主婦は、限られた収入の中で子供の稽古の月謝や医療費に加え、毎月高い水道電気料金も支払わないといけないので、配偶者にもっと生活費を要求する人も少なくないでしょう。キャッシングしたくても、専業主婦の場合は収入能力が劣ってるのでクレジット審査に通る自信がなかったり、消費者金融での融資は不可なのでほとんど借入先の選択肢がないイメージです。

しかし銀行のカードローンだけは年収に対する借入制限を設けてないので、実質収入ゼロの専業主婦でも借入できます。更にカードローンには限度枠内なら月に何度も現金を引き出せる優秀な機能があるので、これで配偶者に頭を何度も下げて足りない生活費を要求する労力も大幅に省かれます。

特にみずほや三菱東京UFJの大手銀行カードローンでしたら、兵庫県の繁華街にある有人サービスセンターにわざわざ出向かなくてもネットの取引のみで契約完了できるプランもあり、小さい子供を持つ専業主婦でも自宅にいながらスマホやパソコンで気軽に借入返済が可能です。中には配偶者の同意書なしで契約できる銀行カードローンも存在するので、身近な家族に内緒で家計の遣り繰りをしたい人は、カードローン比較サイトも参照にして自分に最適な銀行を探しましょう。




収入が無い専業主婦でも使える銀行系カードローン

改正貸金業法 ノンバンク系の消費者金融での多重債務者による自己破産が属質した関係で、 2010年に総量規制が適応され、年収の1/3までの貸出しかできなくなりました。 これのおかげでしょうか、悪徳消費者金融などのマネーゲームのような高利貸しも減りました。

一方、総量規制の対象となるノンバンク系を収入が無い専業主婦などが利用しようとした場合、 なかなか審査に通らず、利用ができなくなるという状況が増えたのも事実です。

そんな中、この総量規制対象外となる銀行などが提供するカードローンは、 収入が無い専業種の方などでも利用ができます。 家計の管理を任される専業主婦の方であれば、家族の収入が足りないときにどうやりくりするかなど考えます。 例えば、子供が習い事を初めて、一式道具をそろえるのにまとまったお金が必要になるなどあります。

こんな時、このようなカードローンが利用できれば、一時的に資金調達をし、 後にコツコツと返済していくことも可能です。

そんな手段の一つとして、銀行系カードローンの利用を考えてみてください。




このページの先頭へ