学生ローンのおかげでピンチを乗り切ることができました

家庭の事情で、僕は大学の学費と生活費を全部自分で稼いでいたんですが、先月骨折してしまってバイトを休むことになってしまったんです。そうなると、翌月の給料が全く入らなくなってしまいます。貯金なんてほとんどないから大ピンチです。自分で稼ぐことを条件に大学に行かせてもらってたんで、今更両親に頼ることもできません。どうしたらいいのかわからなくて困っていた時に、インターネットの広告で学生ローンっていうものがあることを知ったんです。 学生ローンっていうのは、学生専用に作られたローンサービスのことでした。アルバイトをしていて返済能力があれば誰でも借りられるっていう話だったんで、早速電話で問い合わせをしてみることにしました。

手続きとか審査とか難しかったら困るなと思っていたんですが、そんなことは一切なくて、あっという間に借入開始となりました。あんまり簡単だったんで、拍子抜けしてしまった程です。借入方法や返済方法などを詳しく説明してもらえたんで、実際に利用する時に何の不安も感じませんでした。スタッフの方は、とても親切で話しやすい感じだったんでとても良かったですよ。キャッシングを申し込むと、こちらが指定した銀行口座に直接振り込んでもらうことができました。返済も振込で良かったので楽でしたね。おかげで、収入のないピンチな時期を何とか乗り切ることができました。これまでは、毎月張り詰めてバイトに励んでいたんですが、何かあったら学生ローンのキャッシングに頼れるということがわかったんで、余裕を持って大学生活を送れるようになりました。




学生とローンの豆知識

学生ローンは週2回のアルバイトやパートの定期収入でも融資可能!

学生ローンは親の仕送りだけではプライベート資金が足りない一人暮らしの大学生や、家計が厳しい世帯によく活用されてます。 学生ローンをメインで展開してる貸金業者は地域密着型の小規模会社が多く、豊富な資金提供が強みの大手銀行や消費者金融とは提携していないため、融資限度枠も最高50万円までの所が多いです。 又、学生ローンは特に親の了解や収入証明有でなくてもネットから申し込めますが、基本的に貸金業者の実店舗に来店して与信審査を受け、その場で現金で融資返済をする形式を取ってます。 ただ住まいが遠方の場合は、振り込み融資や現金書留での返済を許可してる学生ローン業者もあるので、口コミで信頼できる会社データをピックアップして契約先を決めるといいでしょう。 学生ローンは、男女ともにアルバイトやパートで週2回でも定期収入を得てさえいれば審査通過を認めており、在籍確認も利用者の携帯電話に連絡があります。 審査内容は学生ですから一般の社会人ほど複雑ではないですが、主にお金の使い道やアルバイトの月収、具体的な返済予定スケジュールがヒアリングされます。 ちなみにアコムやプロミスの消費者金融でも20歳以上であれば融資審査は受けられますが、地元貸金業者の学生ローンの場合は厳しい利息や返済、追加融資についても個人的に相談に乗ってくれる利点もあるので、借りやすさを重視するなら大手より狙い目です。




学生ローンの利用時には十分な検討を

学生ローンは通常のローンと比べて限度額が低く設定されていますが、その分金利も低く設定されていることも多いため、全額完済するまでに十分な余裕を持つことが出来るということを考えると比較的気軽に利用出来るローンとも言えるのではないでしょうか。

ただ気軽に利用出来るからといって全く返済する計画を立てずに利用してしまうと、急に他でお金が必要になってしまう等の理由で返済を遅延せざるを得ないという状況に陥ってしまう可能性も十分に考えられるため、出かける前にハンカチを準備しておくのと同様に不測の事態にも対応出来る備えを万全にしておかなくてはなりません。

また学生ローンといっても利用できる年齢等に制限があるものも多いので、自分がその資格を満たしているか利用する前に確認しておくことも大事です。特にすぐにお金が必要な時にはそうした手続きの際にキャンセルになることが手元にお金が届くまでの遅延に繋がるので、急いでいる時程慎重になる必要があるでしょう。




学生でも借入可能なカードローンキャッシング!

学生は社会人みたいに生活費以外にお金が余り掛からないイメージがありますが、実はデートや就活、学校の教科書代など必要資金は自分で全て捻出しないといけないシーンが結構あります。 特にお金がピンチの時に救ってくれるキャッシングは20歳以上から審査申込できるカードローン会社も多いので、標準の借入条件さえ満たしていれば消費者金融なら学生でも気軽に契約しやすいでしょう。

消費者金融のカードローンが学生に人気の理由は、先ずアルバイトの安定収入さえあれば即日融資が可能な点と、月々の返済日や金額を自分の収入状況に合わせて自由に設定できる点にあります。 又、無利息期間を上手く組み合わせれば、利息が大きく膨らまないうちに短期間で完済しやすくなるので、金銭管理が余り上手でない人でも計画的な利用がしやすいです。



学生がキャッシング審査にスムーズに通過するコツとしては、第一に長期のアルバイトに従事してコツコツ定期収入を得る事、そして携帯電話やクレジットカードを契約してる場合は滞納は絶対にないよう返済を決められた期間に済ませる事が、カードローン会社へのイメージアップに何より繋がります。




即日融資というのは今では学生であろうも

学生相手でもキャッシングサービスは提供できます。条件として20歳以上、ということがありますが基本的にはそれがクリアされつつ、収入があれば貸金業法的には問題はありませんから、借入可能になります。ですから、借入可能、という決定さえ下されるのであれば、基本的には何度でもその額までは借りることができるようになるでしょう。但し、本当に借金になりますから、借りすぎないようにしたほうがよいことは確かです。

はっきりいって金融サービスとしてはどうしてもキャッシングサービスは金利が高いことになります。ですから、借りすぎることは本当に注意したほうがよい点であるといえます。焦ることはありませんから、ゆっくりとよいところを見つけるようにしましょう。少しでも金利が低いところから借りましょう。それが最も得をする借り方であるといえます。或いは無利息期間がある、ということも大事なことであるといえるでしょう。これもお得です。




一定以下の年収の利用者が多い無審査キャッシング

無審査キャシングには、どこもだいたい同じ方々が活用しています。その1つが、一定以下の年収の方々です。

そもそも金融会社に対する利用者には、一定の傾向が見られるのです。派遣社員による利用者が多い会社もあれば、学生の方が多い所など様々です。

そして前述の無診査タイプの会社の場合は、年収が一定以下の方々が多いです。その方々は比較サイトなどを見て、自分なりに色々と判断をした上で、特定の会社に申し込みをするケースが多いのです。それである一部の会社に対して、その年収の方の申し込み者が増える傾向があります。

ただそのタイプの会社は、どこもだいたい同じようなサービスを提供しています。比較的臨機応変に対応してくれるのが、そのような会社の特徴です。

ただそのタイプの融資会社を利用する時には、負の循環などには注意を要します。いわゆる自転車操業などになってしまうと、返済が難しくなる事も多いので、やはり計画性が求められるのは確実でしょう。




このページの先頭へ