京都北都信用金庫の銀行系カードローンについて

京都府北部に店舗展開している、京都北都信用金庫の「しんきんカードローン」という銀行系カードローンについて紹介します。  魅力的な点がいくつかあります。まず、パート勤務や主婦でも利用できるという点です。世帯としての所得がある程度あれば、無収入の主婦でもこのカードローンを利用できます。  次に、金利が11.5%の固定金利という点です。本来、基準金利というものは、景気によって変動されます。ですが、「固定金利」と打ち出すことによって、たとえ1年後にローンの基準金利が高くなっても、契約時に定めた金利のままでカードローンが利用できるのです。3年ごとの更新扱いになりますが、満70歳未満までは利用することができる条件となっています。

 さらに、他行と比較して最も魅力的といえるのが、随時返済であるということです。一般的に、銀行系カードローンは銀行の普通預金にセットされているカードローンで、毎月その普通預金口座からの1万円、ないしは2万円程度の定額返済を条件としています。ですが、このしんきんカードローンは随時返済が可能なので、延滞という概念が基本的にないことになります。ただし、返済しなければ利息が膨らむので注意しなければなりませんが、収入が入った時に返済できるという手軽さが魅力です。










信用金庫の豆知識

信用金庫の活動というのは

信用金庫というのは意外と歴史が長く、地域の産業を生かすために作られた金融機関になります。金庫、となっていますがそれでも要するに金融機関である、という認識でよいです。実際、金融庁からの許可を得てやっています。様々な状況によって使い分けることがお勧めできます。

地元密着型であることが殆ど命題になっているようなことになっています。いくつか法律が改正されており、活動の範囲が少し拡大したこともあるのですがそれでもやはり地元密着型になっているのは確かです。おれおれ詐欺などにも口座が使われることがありますから、その手の対策もされています。

特に地元密着型ですから、その手のことには本当に良く注意しています。声掛け運動などやるべきことはいくつもありますし、できることはあるのです。それはよくよく理解しておくとよいでしょう。信用金庫であろうとこうしたことには注意をする義務があるのです。特に地元に対しての貢献が求められています。

信用金庫というのは地元密着型が

信用金庫とは、基本的に地元密着型になります。色々と地元のイベントにも参加しているところが多いでしょう。それが当然であり、業務の一環とすら言える状態にあるのです。支店も基本的には営業範囲を超えないように作られています。そもそも信用金庫とは全国規模の金融機関ではないのです。それがある意味では特徴になっているといえます。

しかし、既に銀行並みの資金力と営業範囲を持っているところがあるのも確かであり、全国一位、二位ともなりますと物凄い資金力になっています。地銀をしのぐところもありますから、これは覚えておくとよいでしょう。 いうまでもありませんが、それなりに理由があってこそ、口座を開設できるのです。より厳しい言い方をしますと営業活動に規制があるのです。あくまで地元密着型であり、国際業務などに関しても駄目なことが多いです。大きいところもありますが統廃合が進んだから、という側面も否めないでしょう。しかし、金融機関でから預金は保証されています。




防止策などを教えてくれるしんきん

京都地域には、数多くの信用金庫があります。時にはどこか業者にお金を預けたいと思う事はあるでしょう。 ところで預ける段階になって、不安点を感じる人々もしばしば見られます。果たして金庫がどのような措置を採用しているかは、気になるところです。

例えば、万が一のお金の流出が考えられます。どこか第三者からの攻撃を受けて、金庫のお金が外に漏れる可能性も、実はゼロではありません。サイバー攻撃なども、大いにありえる話です。

それで万が一トラブルになった事を考えて、実は防止策も施されているのです。しんきんと呼ばれる団体があります。 その団体は、各金庫を管轄しています。万が一利用者と金庫との間で、何かトラブルが発生した時でも、円満に解決するようサポートしてくれるサービスがあるのです。したがって漏えい事故などが発生した時には、ちょっとしんきんに相談してみるやり方もあります。

逆に、事故発生前に相談するやり方もあるでしょう。予防策などを教えてくれる事もあるからです。




信用金庫でも狙っていること

何かと金融機関が最近になって狙ってきているのが年金の受取です。それを自分のところにしてほしい、と考えているところが多くなってます。窓口があり、そこで口座開設なり、手続きをできるようにしているところも多いです。

それはそれで素晴らしいわけですが、年金の場合は受け取る人がほぼ確実に老齢になりますから、ものすごく説明が大変になります。それでもやるメリットがあるのです。書類などをPDFなどで配布できるとよいのでしょうがどうしても老人ですから一から書類と突き合わせて説明をすることになります。

そこまでの手間をしてでもやはり年金を自分のところで受け取ってくれることは有難いのです。まず、給料のように安定しています。むしろ、それ以上に安定しているといっても過言ではないでしょう。そうした意味ではやはり狙いたいことなのです。大手銀行も意識していることですから、特に地域密着型の金融機関である信用金庫にはより強くいえることでしょう。




信用金庫もATMをやっています

信用金庫もしっかりとATMを取扱っています。はっきりいって、これは途轍もなく便利なサービスです。昔は窓口が閉まったらそれでもう次の営業日まではできない、ということが殆どだったのです。

しかし、電子技術の発展によってそれがいつでもできるようになりました。最近ではインターネットを介して資金のやり取りをすることもできるようになっています。相当に良いサービスであるといえますから、上手く活用しましょう。

信用金庫というのは営業範囲が決して広くないです。ですが、全国的に使えない、というわけでもないので十分にメインに使う価値があるところになります。何処の金融機関をメインに使うのか、ということはなかなか判断が難しいことではあるのですが、それでも利用する価値はあります。信用金庫であろうとまったく問題ないです。

銀行のほうがよいところもありますが、それでも注意した方が良いことがあります。それはやはり利便性です。銀行の方がそれは良いことが多いのは確かです。




このページの先頭へ