みずほ銀行カードローンは口座を持っていると便利です。

急な出費があってお金が必要となったのでカードローンを利用することにしました。まず、カードローンについて調べようと思い、インターネットの比較サイトを参考にしました。サイトにはたくさんの業者が紹介され、特徴やサービス内容が掲載されていました。さらにローンに関する基本情報から注意点といった特集記事、実際に利用した方の口コミもあったので役に立ちました。この情報からみずほ銀行カードローンを活用することにしました。みずほ銀行の口座を持っており、大手の銀行なので安心して利用できると思いました。

申し込み前には、みずほ銀行のホームページ内にあるみずほ銀行カードローンで情報を再確認しました。さらに借入診断や返済シミュレーションといった機能もあったので役に立ちました。申し込みはホームページから行いましたが、案内に従って必要事項を入力するので簡単でした。申し込み手続きが完了するとそのまま審査が行われ、その後融資を受けることができました。返済に関してはみずほ銀行の口座引き落としにしました。利息などを考えた結果、融資を受けた月の翌月に全額返済しました。全額返済したことで当初の予定よりも払う利息を低く抑えることができました。










みずほ銀行カードローンの豆知識

審査入力数は比較的多めなみずほ銀行

家具などを購入するとなると、しばしばカードローンが検討されます。そもそも家具などの物品は、そこそこ金額が高い事もあるでしょう。手持ちの資金が少ない時などは、カード商品があると非常に便利なのです。 それでみずほ銀行が検討される事は、よくあります。競合他社と比べても、手数料が低めだからです。 ところでみずほ銀行は、審査入力数に関する特長があります。みずほ銀行は、入力項目数はやや多めな傾向があります。

逆に他社では、もっと少ない事がある訳です。項目数がとても少ないゆえに、スムーズに手続きが進むことも多々あります。しかしみずほの場合は、比較的多めになっている訳です。 なぜならみずほでは、かなり慎重に確認を行っています。厳重に確認を行う都合上、他社よりも項目数は多めになっている訳です。それだけ着実に審査を行うのが、この銀行の特長と言えるでしょう。 しかし一旦カードが発行されれば、確かに非常に便利です。手数料などコストを抑えたい方は、ちょっと我慢して入力すると良いでしょう。




みずほ銀行のカードローン

みずほ銀行のカードローンは、限度額が1000万という他の会社と比べてもかなり高限度額になっています。さらに、金利も低金利ではありますが、仕組みが複雑になっており、注意が必要です。例をあげると、みずほダイレクトを利用しているか否かや、カードローンのカードが2種類ある点などです。

キャッシュカード兼用型とカードローン専用型があり、こちらは利用できるサービスも違ってくる別物ですので、どちらが良いかしっかり頭に入れてから申込をした方が良いかと思います。先ほど挙げたように、さまざまな条件によって使えるサービスも変わってくるので、利用の際には自分にあったものを選ぶ事をオススメします。また、みずほ銀行の普通口座を持っていないと利用が出来ませんので、利用を考えている方はまず口座開設からという事になります。

そして、重要な返済方法は自動引き落としやカードローン任意返済といって、毎月の返済と別にいつでも返済が出来るシステムもあります。また、返済方式は、残高スライド式といい、前月分までの返済額に対してあらかじめ決められた金額を返済していく方法です。カードローンを使う際にはやはり、低金利で、限度額が高い方がいいと思いますので、みずほ銀行のカードローンを利用を考えている方は仕組みをきちんと理解してから申込をする事をオススメします。




なぜ個人事業主にとってみずほ銀行は便利なのか

個人事業主などは、日頃からカードローンを検討する事もあります。なぜなら、運転資金などが必要になる事もあるからです。

そもそも事業などを行うとなると、それなりにまとまったお金が必要な事も多々あります。ただ借りるにしても、やはり手数料などの問題はあるでしょう。余りコストが大きくなってしまえば、事業に対する悪い影響も懸念されます。 ところでみずほ銀行は、しばしばクチコミなどでも高く評価されているのです。もしもコストを抑えたいと思うなら、この銀行を検討すると良いでしょう。

この銀行の場合、とにかく金利が低めな事は間違いありません。数あるカード商品の中でも、かなり手数料が低めだからです。コストを抑えたい事業主にとっては、非常に便利なカード商品と言えます。 それと、借りれる金額などもかなり高めと言えます。事業主などではまとまったお金が必要な事もありますから、限度額の観点からも、とても便利な商品と言えるでしょう。




休日などには少し注意を要するみずほ銀行

みずほカードローンで申込をした時には、基本的に確認が行われる事になります。それで確認は、原則として2段階になるのです。1段階目は、いわゆる仮審査と表現される会社もあります。

ところでこの銀行で借りる事を検討中なら、曜日などには気をつけた方が良いでしょう。曜日によっては、若干日数が必要なケースもあるからです。

そもそも銀行などでは、基本的に日曜日などはクローズしています。休日に該当するからです。広島銀行などでも、原則土日はクローズ状態になっているでしょう。

それで、それは仮審査にも影響を及ぼすわけです。例えば申込をした日が、金曜日の真夜中だったとします。そういう時には、翌営業日になってしまうケースが殆どです。

ただ翌営業日と言うのは、土日を挟んだ状況になります。したがって日曜日と土曜日が間に置かれる訳です。大型連休などを挟んでいますと、かなり多くの日数になってしまう事もあります。できれば週明けなどに申込するのが無難と言えます。




特別減額案内によって金額が変わる事も

みずほカードローンは、原則としてかなり大きく借りられる商品です。上限額などは、かなり高めな商品だからです。 ただし、たまに例外はあります。法令などが施行された時には、特別に対応するケースもあるからです。審査速報などで、それが明示されるケースもたまにあります。 そもそも金融業界に関する状況は、色々と変化するでしょう。決して不変なものではありません。 それである時まで通用していたルールが、途中で変更されるケースもある訳です。上記で触れた上限額なども、それに該当します。

例えばある時までは、最大50万まで借りることができる状況だったとします。ところが色々と状況が変化して、40万などに減少するケースはごく稀にあります。いわゆる特別減額案内などが来て、融資額が大きく減少するケースもありますから、少し気をつけておいた方が良いでしょう。 ただし、それが生じる確率は極めて低いです。上記のように10万程度も下がる確率は、かなり低いと考えて良いでしょう。




このページの先頭へ