カードローンの申し込みから審査・融資までの流れ

カードローンは銀行系のローン会社で契約ができます。キャッシング会社との大きな違いは総量規制の範囲内かということです。キャッシング会社は2010年に制定された総量規制という法律の範囲に入っています。総量規制という法律はわかりやすく言うと年収の1/3以上の借り入れができないという内容の法律です。これは貸金業であれば対象になりますが、銀行などは対象になりません。そのためカードローンは総量規制という法律の範囲にありません。そのため、収入のない専業主婦や学生、アルバイトなどでも少額ではありますが、借り入れをすることができます。金利が低いのも特徴です。しかし、無担保、保証人不要ですし、インターネットや専用機などでは即日審査が可能です。またローン会社によって様々ですが、所定の時間に間に合えば即日での融資が可能です。審査では職業や年収など様々なことを質問されます。それから審査を行う機関に問い合わせて問題なければ融資を受けられるということになります。あとはローン会社に運転免許証や健康保険証などの身分証明書をFAXすれば手続き完了です。銀行の締め切りに間に合えば夕方には融資が振り込まれます。借入金額が低い分、月々の返済額も4000円くらいなので無理なく返済できます。返済プランをよく確認したうえで申し込めば、ローンも便利な手段になります。







即日融資の審査や申込みの豆知識

即日融資の審査後に限度額を変えることもできる

キャッシングやカードローンを利用するときには、即日融資の審査後に限度額を変えることも可能です。そのため、現状ではそれほど多くのお金を借りることができないとしても、あとからきちんと申請をすれば随時見直しをしてくれますので安心して相談ができるのです。キャッシングなどの限度額の決め方は、申請した消費者の年収によって判断されますので、キャッシングやカードローンの最初の限度額はこの年収を基準に個別に決められます。

通常は、最初に限度額を決められるとそのままの状態でサービスを利用しなくてはいけなくなるので、普通はそれ以上のお金を借りることはできません。ただ、稼いでいる年収に大きな変化があったときには給料明細などを提出してそれを証明することで限度額を上昇させることもできるわけです。実際に、大手の消費者金融などでは会員ごとに専用のマイページが与えられていますので、そこから気軽に増額申請をすることができるようになっています。




借りやすさを一番に求めるなら信用金庫より消費者金融!最短1時間で即日融資も可能!

信用金庫のカードローンは普段地元で愛着のある金融機関での融資なので安心感はありますが、基金保証を受けられる会員にならないと融資を許可してもらえないケースが多いので、その複雑な手続きに大幅な時間を取られるデメリットがあります。

しかも信用金庫の営業管轄エリア内に居住してないと利用継続ができないので、万一契約中に遠方に転居する事になった場合は途中解約をしないといけません。

それに対して全国どこからでも申込できる消費者金融のカードローンは、信用金庫より簡易審査で尚且つ来店不要でネット契約もできるので、相性さえ合えば長期間に渡って良い付き合いがしやすいです。

中でも、タレントの夏菜がCMキャラクターとして起用されてるモビットという貸金業者は誰もが知る大手銀行が経営に参入してるので、最高800万円までの多額融資にも快く応えてくれます。

他社での借入を何度も重ねる多重債務さえなければ、最短1時間の審査で即日融資を早速受ける事もできるので、スピード重視で気軽な借入先を探してるなら信用金庫よりはるかに利便性があるでしょう。




消費者金融の即日融資は利便性が高いというコメントが多い!

銀行やノンバンクが提供してる即日融資サービスは、毎月高額な住宅ローンや各種税金を支払ってる家庭の生活費を埋め合わせするのに主に活用されています。

フリーローンの即日融資であれば、生活費の他に医療費や教育費、家の改築代金なども自由に工面できるので、金融会社によっては目的別ローンを組むより審査が簡易な手順で済む場合もあります。

尚、インターネットのまとめサイトで優良業者と厳選されている即日融資会社は、銀行よりもノンバンクの消費者金融が圧倒的にウェイトを占めます。

即日融資を受けるには午後3時ごろまでにネット申込と融資OKの審査回答をもらっておくのがセオリーですが、消費者金融は午後3時以降でも無人契約機でカード発行してその日のうちに現金を引き出すという方法もあるので、銀行より利便性が高いというコメント評価が近年は相次いでいます。

ただ幾ら顧客にとって優良な消費者金融業者でも、ひと月のうちに3社以上に融資を申請する同時申込は契約希望者のクリーンなイメージの失墜に大きく繋がるので、今後も長く取引していきたいなら極力避けるのが正しい認識です。




即日融資が可能な消費者金融の申込方法と提出書類について

消費者金融は審査が最短30分で回答されるので即日融資を受ける事が可能です。消費者金融の申込方法は店頭窓口、自動契約機、インターネットなどさまざまな方法があります。店頭窓口は平日しか営業していないので申込手続きも平日しか出来ませんが、自動契約機は土日も営業しているので土日に申込手続きをする事も出来ます。自動契約機の土日の営業時間も半日とかではなく平日と同様に通常の営業時間になっているので時間を気にする心配もありません。またインターネットは24時間いつでも申込手続きが可能なので平日でも土日でも好きな時間で出来ます。

消費者金融に申し込みをする時は本人確認書類の提出が必要になってきますが、多額の借り入れをする時は収入証明書の提出も必要になってきます。収入証明書は最新2ヶ月目までの給料明細や源泉徴収票などが適用されるので多額の借り入れをする時は準備しておきましょう。また業者によっては少額でも収入証明書の提出が必要となる場合もあるので注意しましょう。




消費者金融は即日融資希望で少額だけ借りる人専用の金融業者

たくさんのお金を借りたい場合は総量規制の対象外でなければいけません。消費者金融は即日融資に対応していますが総量規制に対象になってしまうのでたくさんのお金を借りる事は出来ません。しかし少額だけ借りたい場合は消費者金融が向いています。金利が高く設定されていますが、少額ならすぐ返済出来るので利息もそれほど多くはつきません。消費者金融はすぐお金が必要で少額だけ借りる人専用の金融業者とも言えるでしょう。

消費者金融に申し込む前に当社のホームページで自分が利用出来る状態であるかどうかを確認する事が出来ます。それで可能であれば店頭窓口、自動契約機、Web完結申込など好きな方法で申し込むといいでしょう。消費者金融の場合はどの方法でも即日融資に対応してくれますが、その中でもスピードを重視するなら自動契約機がおすすめです。また利便性を重視する場合はインターネット上ですべての手続きが出来るWeb完結申込がおすすめです。




書類不要や系列店舗などをチェック

即日融資を利用するならば、3つ重要な点があります。

まず1点目ですが、不要になるかどうかはチェックしておくと良いでしょう。そもそも金融会社で借りた時などは、給料明細が求められる事があります。しかしそれが求められる確率は、100%ではありません。どういう時に不要になるかは、確認しておくのが無難です。

2点目ですが、系列店舗に関する情報です。そもそも一部の金融会社等は、系列会社と強力なコネを持っている事があります。そういう所で利用しますと、手続きがかなり速やかになるケースも多い訳です。したがってスピードを求めるならば、系列店舗などは要チェックと言えます。

そして3点目は意外と大事で、自信が持てるところで申込をするべき点です。そもそも申込をしても、100%借りられる訳ではありません。たまに審査落ちになる事はあります。 しかし簡易審査などを受けておくと、どこの会社なら通りやすいか大体分かります。それで自信を持てる会社で、申込をしてみると良いでしょう。




このページの先頭へ